パッケージデザインなら極東印刷紙工

お客様に愛されて73年

極東印刷紙工株式会社
TEL:097-543-3131 メール見積り・お問い合わせはこちら
実績・事例

HOME > 実績・事例 > 店舗のリニューアルオープンに新規の手提げ袋を作りたい

店舗のリニューアルオープンに新規の手提げ袋を作りたい

お客様:耶馬の森 様

ショップのカラーを反映し、使用している箱が入るサイズを提案

お客様のご要望やお困りゴト

「店を移転させ、リニューアルオープンに当たり、
今まではレジ袋か既製の手提げ袋しか使った事がなかったので、
少し高級感のあるオリジナル袋を作りたい」とご相談がありました。
サイズは現在使用している小さなダンボールが入るサイズで、
色は店舗の看板で使用している「こげ茶」にしてほしいというご依頼がありました。

極東印刷紙工のご提案内容

手提げ袋の仕様、サイズは実際に使っているダンボールをお借りして提案しました。
デザインは現在使用している「店のイラストロゴ」を使用して「シンプル」に表現しました。
イラストに特徴があるので、余計なものは入れずに、ロゴを際立たせてデザインしました。

達成した成果&工夫したポイント

店舗カラーであるこげ茶の色の表現に注意を払いました。
お客様との確認は「色チップ」でいくつか提案させていだだき、
その中から候補を選んで頂きました、それを元にしてデザインを入れた試作品を作ってご提示しました。
光沢を出し衣服への付着を防ぐために「機械ニス」を表面処理する様にしました。
ニスによる艶出し後の印刷色のチェックを慎重に行いました。

お客様からお褒めの言葉

「思っていた通りの仕上がりに満足しました」との声を頂きました。

高級感のある手提げ袋が出来たと思います。

今までレジ袋や既製の手提げ袋しか使わなかったところに、

オリジナルの手提げ袋が出来るというのは感慨深いものがあります。

 

お客様の情報

耶馬の森 様
大分県中津市本耶馬渓曽木1618-1
TEL:0979-52-3356
http://www.yabanomori.com

【企業紹介】
肉本来の味をそのまま活かす本格手造りハムの店です。
「耶馬の森」の商品は、一品一品丹念に手作りしており、
酸化防止剤や合成保存料などの添加物は使用せず、
肉本来のもつ旨味、自然な味を追求しております。
ぜひ一度ご賞味ください。